1. 目的 Purpose

アート島AIRは、熱心で、才能あふれるアーティストや思想家や研究者を直島に招き、島独特の環境の中で地元のコミュニティと関わりながら独自の作品を追求し、発展させることを目的としています。

The purpose of the Art Island Residency is to attract talented, passionate artists and thinkers to Naoshima to pursue and develop their own work amid the island’s unique landscapes while engaging with the local community.

2. 詳細と利点 Details & Benefits

アーティスト・イン・レジデンスでは、地域イベントへの参加、島民とのふれあい、島の多くのアートサイトやその他、興味深いエリアの散策、瀬戸内海の風景を楽しんだり、近隣の島へ訪ねたりと、直島の生活に浸かることができます。 参加者は滞在中、アート島センターのスタジオや島内にある公共施設など(パフォーマンススペース、屋外作業エリア、学習リソースなど)を使用して、独自に活動を追求することが可能です。

滞在期間は、基本的に30日から60日とし、2022年のプログラムは、2月または3月から10月の期間を予定しています。

提供されるもの・場所:

  • 直島の宿泊施設(個室、共用キッチン・バス・トイレ)
  • スタジオ/制作/リハーサル/学習スペース
  • ツールと機器の使用
  • 参考資料やその他の学習リソースの使用
  • 展示/パフォーマンス/プレゼンテーションスペース、制作支援、アートワークおよびチケットイベントのプロモーション/販売*
  • スタッフとの食事会、地域ツアー、その他イベントへの招待
  • 島の美術館への無料アクセス**

* アート島センターの販売手数料がかかります。
** 制限があります。

Artists-in-residence will immerse themselves in Naoshima life: participating in local events, meeting island residents, visiting the island’s many art sites and other areas of interest, enjoying the Seto Inland Sea landscape, traveling to neighboring islands, and more. During their stay on Naoshima, participants will independently pursue their personal practice in whatever ways they wish, using Art Island Center’s studio and other facilities on the island (such as performance spaces, outdoor work areas, and learning resources).

Periods of residency will generally be between 30 and 60 days. The 2022 program will begin in February or March and conclude in October, with artists scheduled based on their preference and the availability of space.

Participants receive:

  • Accommodation on Naoshima (private room, shared kitchen/bath)
  • Access to studio/production/rehearsal/study space
  • Access to tools and equipment
  • Access to reference materials and other learning resources
  • Exhibition/performance/presentation space, production assistance, and promotion/sales of artwork and ticketed events*
  • Invitations to occasional shared meals, local tours, and other events
  • Free access to island museums**

* Artwork sales subject to Art Island Center’s standard gallery commission rates.
** Subject to limitations.

3. 要件と資格 Requirements & Eligibility

このプログラムは、テーマ、コンセプト、資材など島につながる作品を制作された、もしくは現在制作している方で、直島での活動に明確な関心を持っている若手アーティストや芸術研究者を対象としています。

滞在中に1回の展示会、パフォーマンス、またはプレゼンテーションが行われることが参加要件です。直島の約3,000人の居住者と、年間数十万人の観光客または訪問者の両方を対象とした発表としてください。その要件以外の時間は自由にお過ごしください。

コミュニティエンゲージメントの実績がある応募者(参加型アートワーク、ワークショップ/ クラス、グループパフォーマンス、その他のイベントなど)は優遇します。

あらゆる媒体を扱うアーティストの応募を歓迎しますが、スタジオ施設の機材には限りがあります。制作に必要なものはご持参またはご自身で用意していただく必要があることをご理解のうえ、ご応募ください。

主にアートを対象にした活動をしていることを重要としています。創造的な研究活動をしている限り、あらゆるバックグラウンドの研究者や作家の方からの応募も同様に歓迎いたします。 AIRは通常、学術的なフィールドワークの機会ではありません。

参加者は、日本語または英語でコミュニケーションできる方に限ります。

This program seeks early-career artists and arts researchers with a clear interest in working on Naoshima, and a body of past work that links thematically or materially to the island.

There are no set requirements for participants’ activities except that one exhibition, performance, or presentation takes place during their residency. Participants should consider both Naoshima’s approximately 3,000 residents as well as its hundreds of thousands of annual visitors as audiences for their projects.

Applicants with a history of community engagement (participatory artworks, workshops/classes, group performances, other events, etc) will be given special consideration.

Artists from any medium are welcome to apply, with the understanding that studio facilities on Naoshima are limited, and artists are generally responsible for bringing or acquiring their own supplies and specialist equipment.

Researchers and writers from all backgrounds are likewise welcome to apply, so long as art is their primary focus and research activities center on creative modes. The residency is generally not a venue for academic fieldwork.

Participants must be able to communicate in either Japanese or English.

4. タイムライン Timeline

2021.04~2021.05 申請期間
2021.06~2021.07 一次審査、必要があれば第2期の申請期間
2021.07~2021.09 結果の通知
2022.02~2022.10 プログラム期間

2021.04~2021.05 Application period
2021.06~2021.07 First screening, possible second call
2021.07~2021.09 Successful candidates notified
2022.02~2022.10 Program period

5. 費用と資金 Costs & Funding

参加費として、1週間につき22,500円お支払いいただきます。 料金には、宿泊施設、スタジオ・展示スペースなどの使用料*が含まれます。 (*詳しくは「2. 詳細と利点」をご確認ください。) 参加者は、交通費、食費、その他の費用を別途支払う必要があります。

アート島センターは、財団または政府の助成金を申請したい参加者を支援します。

This is a self-funded residency, with a participant fee of ¥22,500 per week. The fee covers all benefits listed in Section 2, including accommodation and studio/exhibition space. Participants must pay for their transportation, food, and other expenses separately.

Art Island Center will provide assistance to participants who wish to apply for grants in their home countries to offset program costs and travel expenses.

6. その他の情報 Other Details

家族でご参加される場合、特定の条件の下で滞在可能です。

アート島AIRは、社会的企業であるアート島センターが運営しています。 ベネッセホールディングス、福武財団、瀬戸内国際芸術実行委員会とは提携していません。

このプログラムは、2022年初めに海外から日本への入国を許可されるであろうという想定に基づいて、国内外の申請者を対象としています。ただし、コロナウイルスの感染拡大が2021年秋までに大幅に改善されない場合は、状況により日本国内の参加者に限定される可能性があります。

Participants with families are welcome to apply. Accommodation for family members is possible, subject to certain conditions.

The Art Island Residency is operated by Art Island Center, an independent social enterprise on Naoshima. It is not affiliated with Benesse Holdings, Fukutake Foundation, or Setouchi Triennale Executive Committee.

This program seeks both domestic and international applicants, based on the optimistic assumption that international travelers will again be permitted to enter Japan normally in early 2022. However, this program may be altered or limited to Japanese artists/researchers if the coronavirus pandemic has not been substantially mitigated by fall 2021. Vaccine requirements and other conditions may also apply.

7. 申請の説明 How to Apply

締切り 2021年5月31日
※締切日以降にお申し込みされた方は、募集が人数に達していない場合に限り考慮します。

以下をまとめPDF (できれば1つのファイルとして) A4ファイルでinfo@artisland.jpまでお送りください。 ※添付ファイルのサイズは25MBまで、ページは10枚以内にまとめ、すべてのページにお名前をご記入ください。DropBoxまたはGoogleドライブのリンク可。日本語または英語も可。

  • ポートフォリオ
  • 履歴書
  • 志望動機
    • ご希望の滞在スケジュール(日程調整が柔軟に対応できるかもお知らせください)滞在可能期間:30日〜60日
    • プログラムへの関心、直島に惹かれる理由、あなたの作品がなぜ直島と関係しているのか(テーマ、コンセプト、または制作方法など)、あなたの作品を展開することでどのような可能性が広がるかなど。※滞在期間中の経験を通して「作品」を制作していただきたいので、この時点でどんな作品を制作するかを明確にする必要はありません。

申請者に基づき、滞在期間を2022年ごろに決める予定です。 滞在スケジュールの目安として、春から秋は穏やかな天候で特に夏は多くの観光客が訪れ賑やかですが、冬は閑散期でとても静かです。

お問合せ・ご質問などはinfo@artisland.jpまでご連絡ください。

The application deadline is May 31, 2021. Applications received after this will be considered as remaining space allows.

To apply, please send the following items in A4 PDF format (preferably as one file) to info@artisland.jp. Maximum attachment size is 25MB, limit total pages to 10 or fewer, and please write your name on all pages. DropBox or Google Drive links are acceptable for larger files. Submissions should be in Japanese or English.

  • Portfolio
  • Resume
  • Cover letter, including the following:
    • Desired period of residency. (Please let us know if your schedule is flexible. Residencies must be between 30 and 60 days in length.)
    • Your interest in the program, and how your work relates conceptually, materially, or thematically to the island context. What potential do you hope to explore during your time on Naoshima? (Participants are neither required nor expected to have specific project ideas/proposals prior to arrival.)

There are advantages and disadvantages to every season: spring and fall have mild weather, early spring will be the quietest period (before the Setouchi Triennale begins), and Golden Week as well as the summer will have the most tourist traffic.

Please send any questions to info@artisland.jp.