Omamori
Omamori
Omamori
Omamori
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Omamori
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Omamori
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Omamori
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, Omamori

Omamori

販売元
Keiko Yuasa
通常価格
$33.60
販売価格
$33.60
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

湯浅景子

195mm × 135mm × 15mm 128 pages, hardcover, offset print
1st Edition of 1000
Publication date: February 2023

塗り重ねた色の上に針で引っ掻くようにして絵を描き、独特のマチエールを持った作品をつくり出す画家、湯浅景子による作品集。
カバーを外すと、金の箔押しで施された折り鶴が現れます。巻末には、原画作品の一部を切り取り落款した、作家謹製のお守り付き。

―――

古くから世界のいたるところで人々は「オマモリ」をつくったり携えたりしてきました。そのカタチは様々で、勾玉、人形、石、装飾具、お札など宗教的背景から生まれたものから、時にはなんてことのない日用品にも特別な意味を見出し「オマモリ」として持っておくことで、縁起を担いだり、自身の安穏の拠りどころとしたりと、なんだかその行為は、とても人間らしい営みのようにも感じられます。

本作では、私自身が「オマモリ」として普段身につけているアクセサリや、持ち歩いている手紙、薬瓶などに加え、背守り、折り鶴、しめ縄など、人々が暮らしの中で安らぎや平和、魔除けを願いつくってきたものを、その想いや祈りを重ねながら描きました。

また、こうしたモノを描いていくうちに気付いたのは、この「描く」という行為そのものが自分自身にとって何よりの「オマモリ」だということでした。

願わくば、この作品集が、誰かにとっての「オマモリ」となれば嬉しいです。

―湯浅景子

A collection of works by Keiko Yuasa, a painter who creates works with a unique matiere by scratching pictures with a needle over layers of painted colors.
When the cover is removed, a picture of an origami crane stamped with gold foil is revealed. At the end of the book is an amulet, a cutout of one of the original paintings, with the artist’s signature.

―――

Since ancient times, people all over the world have been making and carrying “omamori”= amulets. The forms of omamori vary widely, from religious objects such as sacred beads, dolls, stones, ornaments, and money, to sometimes ordinary daily necessities that have special meaning and are held as “omamori” to bring good luck or to provide a place of peace and tranquility. It seems to me that this act is a very human activity.

In this work, I depicted accessories that I myself wear as “omamori,” letters and medicine bottles that I carry around, as well as objects that people have made in their daily lives to wish for comfort, peace and protection from evil, such as back charms, origami cranes and sacred straw ropes, while overlapping these thoughts and prayers.

As I drew these objects, I realized that the act of drawing itself was the best “omamori” for me.

Hopefully, I will be happy if this collection of works will be a “omamori” for someone.
(Keiko Yuasa)