人工地獄:現代アートと観客の政治学

人工地獄:現代アートと観客の政治学

販売元
Claire Bishop
通常価格
$31.38
販売価格
$31.38
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

著: クレア・ビショップ

アートと社会の関係性はいかに変化してきたか?
芸術史において見逃されてきた「参加」の系譜をアクロバティックに再編集し、現代アートの動向を批判的に読解する

☆美術評論家クレア・ビショップの代表作、待望の邦訳


今日のにおいては「参加――すなわち社会的関与を重たプラクスが非常に重要な位置を占めている国内では芸術祭やプロジェが百花繚乱の様相をているが国際的にも社会的政治的な側面を重たプロジェ型のがあらたな文脈を築きつつありその規模と影響力はもはや現代のメームを占めているとてよいだ特定の集団や地域と相互に歩み寄りながら行なわれるプロジェがある一方で倫理を逸(とみなされるときに衝突と論争を巻き起ている

た状況がありながの社会的関与はどの時点で達成といえるのか?における<参加>をいかに評価するか?「芸術と倫理の衝突をいかに考えるか?た根源的な問いについていまだ確固たる答えは出ていない

クレプによる『人工地(原Artificial Hells』はこのと社会の関係性について鋭い考察を行ものである20世紀以降の芸術史から同時代のへと至る全九章の構成は緻密かつ類例のない大胆さをもつがこれには彼女が世界各国のプロジェの実例に触れまた膨大な人物へのーを行てきた蓄積が存分に生かされている各章を追いかけることで彼女自身のに対する洞察の深化さかがえるだ

プはには社会から独た役割があると確信するがそれはとりもなおさず芸術が倫理を重んじともよいと意味ではないろ彼女は作者性と観客性能動と受動加害と被害――これらが本質て対立的にはとらえがたいものであることを強調複雑に転じて位相をひもことでより慎重かつ正確な理解を求めとする

「敵対「否定に価値を見つつそれらを多層的にとらえ直すビプの豊かな思考は「関係性の美学以後のの構造を理解すえで必ず踏まえるべきものといえるだ


536 p
ISBN 9784845915750

2016