現代手芸考:ものづくりの意味を問い直す

現代手芸考:ものづくりの意味を問い直す

通常価格
$19.39
販売価格
$19.39
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

著:上羽陽子・山崎明子

なぜ人はものをつくるのか──

文化人類学、ジェンダー研究、美術・工芸史、ファッション研究…さまざまな視点から、いちばん身近なものづくり=「手芸」の輪郭をあぶり出す。

「つくる」「教える」「仕分ける」「稼ぐ」「飾る」「つながる」の6つのアプローチで迫る、はじめての手芸論


かつ「女「素敵な家庭た価値と結びつけられていた手芸もいまや従来の概念を超え世界各地で余暇趣味的な仕事て多様な展開をみせているそれらは男性も担い手に含みフェ商品エスク雑貨などて美術や市場の領域にも進ている
また手軽なター上のハマーの登場により誰でもれて誰でも売れる環境とているのが現代の手芸をめぐる状況である
さらに趣味を通じた人的ークの形成やそれらの災害後におけるケアての機能なども注目を集めている
これまで批研究の世界で取り上げられてこなた未開拓の分野「手芸について
「教える「仕分ける「稼ぐ「飾る「つながるの6 つのテーマから迫る画期的な一冊


312 p
ISBN 9784845919116

2020