ソーシャリー・エンゲイジド・アートの系譜・理論・実践

ソーシャリー・エンゲイジド・アートの系譜・理論・実践

Regular price
$19.38
Sale price
$19.38
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Tax included. Shipping calculated at checkout.

編:アート&ソサイエティ研究センター SEA研究会
執筆者トム・フィンケルパール/カリィ・コンテ/グラント・ケスター/星野太/高山明/藤井光/ジャスティン・ジェスティ/アート&ソサイエティ研究センター SEA研究会[工藤安代/清水裕子/秋葉美知子]

「社会を動かすアート」は可能か?

対話、参加、協働、コミュニティの芸術実践としてのソーシャリー・エンゲイジド・アート──
その系譜、〈社会的転回〉をめぐる理論と実践の諸問題、そして可能性を探る。


社会そして特定の人々に深く関わりながら、何らかの変革を生み出すことを志向するさまざまな芸術行為であるソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)。
それは一朝一夕に出現したものではない。SEAをかたちづくってきた歴史的背景や、近年ますます活発となった批評と議論、アーティストが独自のアプローチで取り組む実践を概観できる先駆的アンソロジー。

社会に関わる=エンゲイジする芸術はによる現実社会の変革可能性を模索するムーブ間違いかつてないほどを引きつけ美術業界にとどまらないの参加協働者を得て世界的に大きねりとていま

その表現は「対話「参加「協働に重点を置き関わり社会変革を目指すもので
世界に山積する現在進行形の政治社会的な諸問題に取り組んでために創造的アプローチによる多様なプロジェが行われの実践も刷新されていまそれを評する理論的なフームも常にプデされニコオー「関係性の美学への批評も加わりますます活性ていま

本書は社会秩序の大きな変化にレンジするその系実践と多角的な側面から紐解き議論を喚起する先駆的な論集で

私たちが今まさに直ていると社会の諸問題にて真に向きことで多様な価値観を包含する文化的実これからの社会の姿を考えるためののヒを与えれる


292 p
ISBN 9784845917112

2018